前略、派遣の冒険。

派遣社員が起業するとどうなるか

未来人間過去人間

中国香港での仕事があったので10月はほぼアジアに滞在していた。日本にも2週間ほどおり、旧友と会う機会もあった。

たまに会う人の中には大きく分けて2種類のタイプがいる。1つ目は未来の話をするタイプ、2つ目は過去の話をするタイプ。前者のタイプはこれからどんなことをしたいかについて話すことに時間を使い、後者のタイプは過去にどんなことをしたかについて時間を使う。

ジャッジするつもりはないけれど、僕は前者のタイプの人たちと話したり食事をするのが好きだ。あまり大学生時代にしてたことやその時に付き合っていた人たちの話をしていても面白くない、というか結構覚えてない事が多い。これは自分でも少し問題だと思うのだけれど、僕は節目があるとその前の人生は前世みたいな感覚になってしまう。例えば就職した後の人生は大学時代の人生とも違うし、アメリカに来たらまた違う人生を生きている気がしてしまう。だからいま現在と昔話を繋げるのに結構苦労したりするし、あまり面白いと思わない。僕がスタートアップや起業に惹かれるのは僕が未来の話をするのが好きなタイプだからかもしれない。スタートアップでは過去のファイナンスは重要だが基本的に未来に何をするかに焦点を置いて話をする。過去について話をしたくても過去がない、とも言える。

なるべく忘れないうちに自分がどんな感情でいてどんなことをしたのか、それを可能な限りブログに記録していこうと思う。