前略、派遣の冒険。

派遣社員が起業するとどうなるか

勉強するために引越した話

昨日の記事でも書いたように、MBA受験では意外とやることも多い。

MBA受験を決意して試しにTOEFLを受験した際、僕のスコアは120点中60点くらいだった。MBA受験では基本的に100点が目安なので、僕のスコアは完全に圏外だ。GMATの準備も全然始めていないし、エッセイや推薦状も全く手をつけていない。 受験までには半年ほどしか残っていない。あと半年ですべてを用意する必要がある。時間的には完全にギリギリだった 。

そこで僕はさまざまな方法を試みた。もちろん通勤時間は勉強だし、睡眠時間も削ったし、仕事も出来る限り効率を上げて早く帰れるようにした。それでもTOEFLもGMATもスコアが伸びない。最終手段として、勉強ができる時間を物理的に増やすしかなかった。 その時僕はちょうど勤務地が変わり、通勤に片道約1時間かけていた。毎日往復2時間だ。通勤時間を勉強に当てていると言っても通勤中の集中力には限界がある。そこで僕は新しい勤務地の近くの部屋を探した。たまたまそこは準高級住宅地で家賃は当時住んでいた家より3万円ほど高い。2時間×20日=40時間を3万円で買うのか、、悪くない。というかもうこれしか方法ない。 「来月1日からここ入ります。」 こうして僕は勤務地から5分の場所に引越し、勉強時間を増やした。

おかげでスコアも少しずつではるが伸び始め、しっかりと睡眠も取れ仕事にも集中できるようになった。 この決断はMBA受験の中で一番良い決断だったと思う。