前略、派遣の冒険。

派遣社員が起業するとどうなるか

MBAの学費と時間はペイするのか

MBAの学費は高額だ。ざっくりと計算すると、学費で1,000万円前後、2年間の生活費で500万円前後なので約1500万円から2000万円くらいの費用がかかる。決して安くはない金額だし、働き盛りの2年間を投資しなければならない。

ではMBAへの投資はペイするのか?MBAを取れば約200万円年収が上がるので5年から10年で投資はペイするとも言われている。MBAのプロモーションビデオやブログを見ていると、「MBAが人生を変えた」などと謳っているいるところが多い。

僕自身もMBA留学前、留学中、留学後でいろいろと考えて計算もしてみた。その結果、「わからない」というのが正直な結論だ。僕は2014年に入学し2016年の5月に卒業したので「まだ」わからないだけかもしれないが、本当にわからない。MBAに留学中することによって、劇的に何か人生を変える出来事がある訳ではないし、すくなくとも僕は劇的な変化は経験しなかった。しかしMBA留学をしたことでビジネスアイディアを突き詰め、ビジネスパートナーと出会い、起業し、今もアメリカで会社を経営している。これはアメリカでMBAを取っていなかったら起こらなかった事だと思うので、MBAが僕の人生を変えたという事もできる。その経験をこのようにブログに書いて幸いにも多くの人に読んでもらっている。僕が元派遣社員で、MBAを取って、起業をしているから読んでくれている読者の方も多くいるはずだ。

おそらく一つ言える事は、MBAに入学したからといって自分の能力が上がる訳ではないしそれによって人生が好転する訳ではない。むしろMBAは自分の無能さを痛いほど感じる場所だ。必死に勉強していった英語でも思ったようにコミュニケーションを取れないし、日本では味わった事のない劣等感も日々感じる。努力ではどうする事も出来ない壁もある。日本人というのは何のアドバンテージでもない。MBAに来ている学生の中で日本人は一番貧乏かもしれない。

そんな環境の中で、「自分の長所はなんだろう?」と考える機会が多くなるかもしれない。それを突き詰める事で、ゆっくりと、人生が変わるのかもしれない。

このように、MBA受験を迷っている人へ僕はロジカルなアドバイスは出来ない。ただ一度きりの人生なので興味があるのならばやってみたら良いと思う。受験の途中で違うと思ったら止めればいいだけの話だ。