前略、派遣の冒険。

派遣社員が起業するとどうなるか

僕は失顔症なのかもしれない

相貌失認というものがある。俗に失顔症とも呼ばれ、人の顔を認識する能力が低いことの総称だ。Wikipediaには以下のように説明されている。

”視覚失認などの他の失認と同様、相貌失認の発症者も目・鼻・口といった個々の顔のパーツや輪郭などを知覚することはできている。しかしこれを全体として「1つの顔」として正しく認識することができないため、人間の顔の区別がつかない、覚えられないといったもの、男女の区別、表情がわからないといった症状を訴える。”

 

僕は昔から人の顔と名前を覚えるのが苦手だった。近いコミュニティ内の人ならばわかるのだけれど、それでも顔と名前が一致するのにすごく時間がかかる。MBAに入学した時なんかは、180人くらいの人の顔と名前を一致させなければならないので、生徒名簿で単語帳を作り毎日必死に暗記していた。今でもミーティングの前には、できる限りフェイスブックで名前と顔を確認してから出席するようにしている。

顔を認識するのが苦手だけど、みんなこれくらいなんだろうと思っていた。だが先日”少し違うかも”と思うきっかけがあった。僕は芸能人がほとんど一緒に見えるので、テレビのCMとか広告を見ても誰なのかほぼわからない。普通の人は違いがわかり、その芸能人の名前も頭に浮かぶらしい。結構衝撃だった。その人が特殊能力があるのかと思ったのだけれど、どうも僕のほうがおかしいらしい。

 

そこでネットで調べると失顔症という症状が説明されており、結構自分の症状が当てはまる。

少し気になってきたのでこのサイトで簡単にテストをしてみた。写真が表示され、その下にその写真の人の名前を入力する。次の画面に進むと、写真の名前の答えが表示され、(1)もともとこの人を知らない。(2)この人の顔を知っていて、かつ認識できた。(3)顔は昔から知っていたが、解答を見て初めて認識できた。の3つの中から一つを選択する。名前は完全に合ってなくても良い。例えば、シュワルツネッガーを「ターミネーターの人」と回答してもオッケーだ。これを30人の顔で繰り返す。

ということで、やってみると僕の結果は以下のようになった。

f:id:kazu_nobe:20170715151514p:plain

アメリカのテストなので、僕はもともと知らない人がたくさんいた。僕は30人の顔が表示されて、13人の人の顔を知っていた。僕はその13人の顔を、23%の確率で認識できた。この結果によると、通常の人は85%の確率で知っている顔を認識でき、50%を下回ると失顔症の可能性があるとのこと。この結果で判断すると、僕は失顔症の可能性が高い。

 

僕の場合は頑張れば覚えられるし、この結果が出たからと言って何かを変えるということでもない。綺麗な人は綺麗に見えるし、家族だって認識できる。飼っていた犬も認識できる。

まぁXXX症候群とかXXX症とかつければなんでもそれっぽくなりますよね。