前略、派遣の冒険。

派遣社員が起業するとどうなるか

起業記-30 中国は旧正月で年に一回リセットされる

f:id:kazu_nobe:20171020173706j:plain

 

起業記は月曜と金曜18時に更新します。

 

こうして年が明けて2017年になった。僕は年明け早々また中国へ行くことになった。この時点で量産に向けて多くの項目が最終段階になっていたが、僕らはすごく焦っていた。焦っている理由は中国の旧正月だ。

公式には2017年の旧正月は1月末から2月上旬だけれど、実際には1月中旬から2月中旬まで続く。つまり、1ヶ月間製造業者が動かなくなる。そして、旧正月が近くなると、なにかにつけて旧正月のせいにして仕事をサボり始める。

中国に通っていると、中国人にとって旧正月が大切なのは理解出来るようになった。多くの人は地元から出稼ぎに来ており、文字通り週7日働いている。週末に地元に帰る暇もないので、家族とゆっくりする時間もない。子供を残して働きに出ている人も多くいる。そんな人たちにとって、旧正月は家族とゆっくり出来るとても大切な、限られた期間だ。

 

でも。それにしても。

 

長すぎる。

週5とか週6で働いて、連休はせめて10日くらいに出来ないものなのか?と自己中ながら考えてしまう。もちろんそんな簡単に変わらない。

 

ちょっと待った。1ヶ月も休んだら仕事復帰するのが面倒臭くなりそうなものだ。中国の人たちは面倒臭くなってばっくれたりしないのだろうか?

通訳に聞いてみると

 

うん。帰ってこない人結構いる。

 

やっぱりか。。

ここに来てリセットボタンが押される可能性がある。

リセットが押される前に、せめてセーブしておかなければやばい。

 

こうして僕は旧正月が始まる直前に再度訪問し、旧正月明けのスケジュールの共有とプロダクト製造の改善を行った。

 

帰り際、彼らは嬉しそうにSee you next yearとか言っていたけど、こっちはそんな休んでいる暇はない。

これから1ヶ月実質的に製造に関して何も出来なくなるけれど、その間に日本でネットワーキングとファンディングを進めなければならない。